表紙 1. 序章 2. 邂逅 3. 饗宴 4. 放浪 5. 終章
2. 邂逅

ついにこの日がやってきました。

私はというと、当日の深夜から725さんのお絵描きチャットに入り浸り、
その後落ちたものの、ライブ準備のためにいろいろ頼まれていたものを作ったり
(CD焼いたり、Illustratorを無駄に使って悪質なテンプレ作ったり)していました。

ライブが楽しみで興奮していたせいもあるのでしょう、全然眠れません。
(遠足前日に子供が興奮して眠れないのと全く同じ状態ですw)

そんなこんなで作業していて布団に入ったのが明け方4時過ぎでした。

それでも起きなければいけない時刻にはきちんと起き、約束の場所へ向けて出発。
多少ぼーっとしてはいますが、気分的にはとってもハイでイイ感じです。

集合が11:30で13:00開演だということで、お昼が遅くなりそう&中途半端にお腹が空きそうなので、
数日前に近所の八百屋で安売りしていて大量購入したバナナを1本カバンの中に忍ばせる。



しかし、このバナナがこれから起きる
惨事を引き起こすとは思いもしませんでした。


参宮橋までは山手線を使って新宿経由で行くか、千代田線を使って代々木公園から歩くか
出かける直前まで悩みましたが、結局山手線ルートで行くことにしました。(かなりの方向音痴なので)


10:50位に新宿に到着。時間があるので、小田急線のホームにある
本屋さんを覗いたりしていると、急に小腹が空いてきました。


あ、そういえばバナナあったな(・∀・)

徐にカバンからバナナを取り出し、気づいたらホームでもしゃもしゃ食べていました。
気分はもうゴリラです。ムホッwwww



バナナ美味しいーw


もぐもぐ…ごっくん。



あー美味しかった。

さてさて、ゴミ箱はどこかなー
















!!















無い!!!!






















ゴミ箱が無いーーーーーーー!!!!!!

ホームの端から端までウロウロ歩いてチェックしたけれど、
あるのは飲み物用のビン・カン・ペットボトルのゴミ箱だけ。













コレどうしよう・・・

その辺に投げ捨ててもいいですが、誰かが滑って転んだりしたら大変ですし、
線路に捨てられたコレで電車が脱線でもしたら正直洒落になりません。
それ以前にマナーの問題です。

















ええい! 仕方が無いッッ!!


















ポイッ!
(*・∀・)つ ミ バナナの皮 >>マイバッグ

それから、やって来た電車に乗り、新宿駅を後にしました。


参宮橋駅には約束の時間の15分くらい前に到着。
改札のすぐ脇にベンチがあったので、漢検DSをプレイしつつ、そこで2人を待つことに。

しばらくするとメールの着信を知らせる亀田先生の「ハァーーロォーーゲェン!!」ボイスが。



すてぃんさんから遅れるメールが。

それから暫くして、725さんと合流。元気で明るくて、可愛い方です。
一緒にはっちゃけるとすごく楽しい方。
4月から代ゼミ代々木校に通われるそうです。

前もってメールで連絡しておいた例のブツを725さんに渡そうとして、カバンを開けた瞬間
カバンの中から南国の甘ったる〜い香りが。














(゚д゚) ハッ!!!!





















こいつだーーーーーーーーーーーーーー!!!!
こいつが犯人だーーーーーーーーーーー!!!!


案の定、カバンの中はバナナ臭が充満し、
725さんに渡すブツにも
バナナ臭がこびりついていました。(最悪)

そして、そのまま725さんに件のブツを押し付ける(笑)
渡したブツの中身も悪質(えー詳細は725さんがレポートしてくれるでしょう)ですが、バナナ臭のオマケ付き。

悪質通り越して、凶悪極まりありませんwwww

それ以前にカバンの中にバナナの皮入れておいたの、
カバン開けるまで忘れていました(駄目)

それから、725さんにすてぃんさんが遅れるということを告げ、代ゼミネタや、
この近所にあるという刀剣博物館について(駅に博物館の大きい看板があったので、話題にw)
いろいろ駄弁っていたら、またしてもメール着信を知らせる亀田先生ヴォイスが。




このメールを受けた後、すてぃんさんに「今どこにいるの?」とメールしたら、「赤羽」と帰ってきました。
「えええ赤羽!!?? ありえねー」と思い、「どーせならありえねーモノ添付して送りつけてやろう」という
おバカな考えを廻らし、ネタとして持ってきた「ローゼンメイデン+北斗の拳」の
同人誌の表紙(アップ)を写メールで盗撮し、下の内容でさっくり返信。

クリップのマークか、添付ファイル名をクリックすると別窓で画像が表示されます。



間髪を入れず再び亀田先生ヴォイスが響く。



すてぃんさん、ナイスツッコミw
こんなバカなやり取りをしつつ、この反応のやり取りを肴に725さんと駄弁りつつ、
改札横のベンチに座ってすてぃんさんを待っておりました。












そう






















こんな感じで。

ここにベンチがあるとぅー、ここにベンチがあるとぅー
突然、う、誘惑に負けてぇー
いい男の真似をしちゃう輩がいるんだよね。

何が言いたいかというと、「ヤマジュ○最高」だということですw ハイ。
(知らない人は「くそみそテクニック」でググってくださいね)

いい男ポーズにも飽きて、またいろいろ駄弁っているうちにすてぃんさん到着。
駅改札を出た目の前にコンビニが!!!!


ようやくバナナの皮を捨てられる・・・!!
マイバッグがバナナ臭から解放される・・・!!



2人にちょっとコンビニに寄ってもらい、速攻でバナナの皮をコンビニのゴミ箱にダンクシュート。
そしてバナナ臭から解放された(と言ってもカバンの中はまだ匂いがry)私は
725さんとすてぃんさんと共にオリセンを目指すのでありました。


<<1. 序章    >>3. 饗宴

表紙 1. 序章 2. 邂逅 3. 饗宴 4. 放浪 5. 終章