表紙 1. 序章 2. 邂逅 3. 饗宴 4. 放浪 5. 終章
4. 放浪

ライブも終了し、徒歩で新宿へ向かう3人。

ところで、


「新宿ってどっちの方角なの?」


新宿は本当に買い物目当てで駅周辺に行く程度なので、周辺の地理には全く疎い私。
オマケにかなりの方向音痴。(痛)

すてぃんさん「あーこっちが小田急線の線路で、
ドコモタワーがあっちにあるから、むこうの方角目指せば新宿行けるよ」

すてぃんさん、昨年まで代ゼミに通い、時間があれば代々木と新宿近辺を
ブラブラ散策していたようで、このあたりの土地勘はある模様。

やった!!!! これは心強い!!!!
私1人だったら絶対迷っていますよww(自分、地図持っていても道に迷うので)

すてぃんさんに導かれ(?)、国道沿いの道を進むと、2匹の犬(レトリバーとフレンチブルドッグ)を
連れた夫妻と近所のおばさんらしき人発見。

うはwwwwわんこwwww

ちなみに私は動物見ると「萌えセンサー」が働きます。
特に犬と猫に反応して、キュンキュン萌えてます。(危険)

ただ、あまり「萌えセンサー」の反応出しまくるのもどうかと思い、はやる気持ちを抑え、
足早にわんこたちの脇を通り過ぎる。

ブルちゃんが突進してきそうな勢いの反応を示していましたがwwww

そして、ふと見るとすてぃんさんがいない。あれ、どーしたの?
・・・と思ったら先ほど犬を連れた夫妻と話をしていた、おばちゃんと話している模様。

すてぃんさん「さっきの犬連れていた人(男の人)、囲碁大会で全国制覇した人だって」

私&725さん「ええー」

いやはや、こんな所でこんなスゴイ人に会うとは思ってもいませんでした。
途中、乗馬クラブの脇を通り過ぎ(都内に乗馬クラブがあるとは知らなかったです。代々木公園の近くです。)、
おじいちゃんとおばあちゃんの団体に遭遇し、さらに道路を渡って進むと、小さい社のようなものが。



写真だと分かりにくいですが、社の中にある梅が満開でよい香りが漂っていました。
ああ・・・偕楽園の梅はもう終わっているんだろうなぁ・・・などと思いつつ、
気分はぶらり途中下車の旅 / ちい散歩。

「おやおやお三方、何処へ行くんですかぁ〜?」

と「ぶらり途中下車の旅」のナレーターの声が聞こえてきそうな雰囲気です。

この辺りはビルの谷間にこういう社や乗馬倶楽部があったりして、なかなか面白いです。
時間があったら馬にも乗ってみたいし、代々木公園で散歩したいなぁ・・・なんて思いました。

社の先の道を左に曲がり、直進すると、見たことのある赤い看板と文字が!!!!


あ、あれは・・・!!!!




代ゼミ!!!!wwww

ここで、725さんとすてぃんさんのリクエストで、
代ゼミライブラリへ行きたい&近くの銀行のATMに寄りたいということで立ち寄る。

代ゼミライブラリはこの間代々木方面にやってきた時に
そこはかとなく立ち寄ったのですが、中をきちんと見ていなかったので、私にとってもまたとない機会。

いろいろ参考書や文具類をチェック。

代ゼミライブラリなのに、駿台や河合塾の問題集があったのには驚きました。というか、吹きました。
(ちなみに私は元河合塾生だったり)
受験参考書はありとあらゆるものが揃っている・・・って感じです。
(反面、資格・検定系の本は置いていません。英検もTOEICも漢検も無いです。)

文具類もかなりの種類が揃っています。漢字練習帳があったら買ったんですけどね・・・。
(私の欲しいものって、受験には一般的でないものなのね・・・きっと)

725さんは亀田先生推薦の36色色鉛筆を買っていました。
え、私ですか? 色鉛筆は、以前色鉛筆画に嵌り、
24色色鉛筆をベースにバラで欲しい色を買い足していって、気づいたら
100色超えていましたので、十二分に持っております。(本当)


一向は新宿目指して、さらに歩き出す。
新宿南口方面のサザンテラスを通り、駅を目指す。
・・・と右側のドーナツ店にものすごい行列が。

後日調べたのですが、その店は「クリスピー・クリーム・ドーナツ」の日本1号店で、
去年の12月にオープンしたのだそう。

アメリカ企業ですが、私は知りません。(ぇ
アメリカのドーナツはベタベタに甘いので、
ドーナツ屋には殆ど行かなかった・・・というのもありますが。
(英語サイトを覗いてみたら、シアトルには2店舗あることが発覚。
1件はSafico Fieldの近くにあるようです。)

参照サイト:
クリスピー・クリーム・ドーナツ(日本語)
Krispy Kreme Donuts(English)


ドーナツ屋を脇目に、左に見えるJR病院の裏側になにやら建設中の建物が。
すてぃんさん曰く「あの辺に代ゼミの太陽の塔(オベリスク)が建つらしい。完成は2008年だよ。」とのこと。
完成予定図のイラストは見ましたが、相当でかい物が建つんだろうなぁ・・・と思いきや、
見たところまだ1/3程度のしか建っていない気が・・・(汗)
コレ本当に来年までに建つのかな・・・と思いつつ、駅に到着。

「これからどうする?」
「お腹空いてると思うから、どこかでご飯でも食べようか?」
「机があってくつろげる所がいいよね」

話し合いの結果、「ファミレスみたいなところでご飯を食べよう」ということになり、
新宿西口のサイゼリアへ。

ライブの話、代ゼミネタ(亀田先生中心)、そして他愛も無い雑談に
花を咲かせつつ、まずは腹ごしらえ。

ひとしきり食べた後、725さんのリクエストで、イラスト交換をすることに。
すてぃんさんには前日メッセで「ネタ仕込んでくるよ」と約束した例の同人誌(↓参照)を鑑賞してもらう。


ローゼンメイデン+北斗の拳(表表紙)


ローゼンメイデン+北斗の拳(裏表紙)…騙される人が多いと思いますw


サザエさん+北斗の拳

ここまでくるともはや嫌がらせ/拷問以外の何者でもないかもしれませんが・・・wwww

すてぃんさんの感想
「これは酷いwwww 酷すぎるwwww」

ヒヒッ・・・w 成功だぜ・・・(グッ)(何


イラスト交換ですが、「やっぱり本日の主役を外すわけにはイカンでしょう」
ということで、亀田先生をリクエスト。

シャープペンで軽くさらりとラフをなぞって、サインペンで適当に清書、消しゴムを適当にかけ、
筆ペンでベチャベチャベタ塗り。チョーーーー手抜きな亀田先生が上がりました。
(私が描いたものは725さんが悪質に転載してくれることでしょう)
本当は水彩色鉛筆で色をつけたかったのですが、普通のノートなので、
紙がフニャフニャになってしまうのと、滲んでしまうため、色塗りは無し。
「好きなように塗り絵して楽しんでねー(色鉛筆・パステル推奨)」という感じです♪

私とは対照的に725さんはシャプーペンでしっかりラフを描き、
そのまま細部まで丁寧に描き込んでいく職人技っぷり。いやぁ、良い仕事してます。
私が描いたイラスト、激しく申し訳ないような気がしてなりません。(汗汗)



725さん作 亀田先生
どうもありがとうございます。
フィキサチーフ(鉛筆/パステルの定着剤)かけて悪質に保存させていただいております。ヒヒヒヒヒ・・・w

その後ひとしきり雑談をして、店を出る。
すてぃんさんが私に渡すものがあるらしい(CD-ROM)・・・のだけれど、
時間がなくてCDケース用意できなかった・・・とのことなので、西口のヨドバシカメラへ向かうことに。

ヨドバシでCDケースを買った後、ざっと店内をチェック。
マウスパッドとか今はすごく面白いデザインのもの(昔の看板やロゴなど)が出ていて、思わず釘付けになる。
あとは、マウス。携帯電話みたいな四角く、薄いデザインのものがあってびっくり。
でも、使い心地はあんまり・・・(´・ω・`)

その後、「少し飲もうか」ということになり、すてぃんさんが「良い店知っているよ」ということで、
彼の案内で西口と東口のガード方面へ。

とあるビルの地下にその店はありました。
中はちょっとレトロな感じのイングリッシュパブ。隠れ家のような雰囲気で落ち着きます。
ここなら、1人でも気軽に入れる感じ。お酒の種類も多くて、良心的なお値段。ウホッ 良い店w



店内はこんな感じ。


店内その2。奥にはデジタルジュークボックスがあります。1曲100円。

2つほどカクテル飲みましたが、普段は下戸に近い状態なので(というか、もともと酒弱いです)、
すぐ顔が赤くなり、酔っ払っているのがバレるwww

個人的には「クランベリーシェイクティ」がお気に入りです。
甘めのカクテルと酸っぱく、シャーベット状のクランベリーのコンビが好きですw
個人的にメニューの「天国への階段」(酒に弱い私が飲んだら天国逝きそうな予感ですがw)と
「カミカゼ」が激しく気になります。


それにしても









2人とも酒強いwwww




特にすてぃんさん。
アルコール度数の高いタランチュラやアックスボンバー飲んで
あそこまで平然としていられるなんて・・・w

725さんにも何か空恐ろしいものを感じました。ビビビビビ・・・
きっと将来私を凌駕することでしょう(ぇ

このお店、都内を中心に全国展開しているらしく、上野、秋葉原、
そして私の地元にも近い柏にもあるのが嬉しいです。
今度は地元の仲間と柏店で飲んでみたいです。ええ。


ここで、すてぃんさんからCD-ROMを手渡される。すばやくケースに収納。
そして、私は頭の螺子が数本飛んだ状態で会話に参加。駄弁る。

すてぃんさんはカクテルの作り方を研究しに、
会話の合間に店員さんの傍に行って観察したり、店員さんと会話したりしていました。
どうやら自分でもカクテル作るらしいです。道具も持っているとか。
是非その腕を拝見したいものです。

そして私は自分のお馬鹿体験と友人の武勇伝を話したと思うのですが・・・あまり覚えていません。
もともと馬鹿ですし、酒飲んでいたのもあり、普段より頭の螺子が多く飛んでいましたからwww

そして、ひとしきり会話をし、時間も遅くなりそうだったので、店を後にしたのでした。

参照サイト: PUB-HUB



<<3. 饗宴    >>5. 終章

表紙 1. 序章 2. 邂逅 3. 饗宴 4. 放浪 5. 終章